実務者研修 > 実務者研修の基礎知識 > 実務者研修の費用

実務者研修の費用


介護資格の取得
介護福祉士になるための試験制度が変わって、実務者研修は、国家試験を受ける受験資格の一つになっています。
そのため、多くの人は、通信教育や学校で受講することになると思いますが、費用は様々です。
働きながら受講する人がほとんどだと思いますが、通信教育がやはり受講しやすいかもしれません。

実務者研修とは
現在、日本では高齢化が進み、介護を必要とする人口が急激に増加しています。
それに伴い、介護に携わる人も多く必要とされてきています。
こういう現状を踏まえ、介護に関する知識や技術を向上させ、介護のエキスパートを育成することで介護を受ける人に十分な満足度を提供する目的でできたのが、実務者研修です。
全くの無資格者からすでに資格を持った人のスキルアップまでフォローできるようにカリキュラムを組んでいるところが多いので、自分に合ったところを選ぶことができます。

実務者研修の受講費用
実務者研修を受講できる通信教育は数多くあります。
その中からどこを選ぶかというのは、とても難しく迷うことも多いと思います。
いくつか受講金額を調べてみましたが、金額の差にはそれぞれ内容の違いがあるようです。

大体、無資格者の人でフルに450時間受講するとして、20万円前後が多くなっているようです。
金額の差は、講座によって、講師が充実しているとか、日程のコースが各種あり選びやすいとか、立地条件が良く通いやすいとか、それぞれの講座の特徴によるものです。ですから、自分がどのように、学びたいかによって、一番合ったところを選ぶとよいでしょう。

働きながら受講を考えている人には、教育訓練給付制度というものがあり、受講費を安くすることができます。
これは、受講する講座が、厚生労働大臣の指定を受けていることと、雇用保険の一般被保険者であるか、被保険者であった方が受講し、修了した場合に限り給付を申請できるものです。
また、母子家庭、父子家庭の母親、父親の場合都道府県に届け出ることで、給付を受けられる場合があります。
講座によっては分割払いのできるところもありますので、よく調べてみるといいと思います。

ランキング

WellCrew(ウェルクルー)

  • 福祉・介護業界特化
  • 就職・転職に強い
  •                    
  • お祝い金制度

             

WellCrew(ウェルクルー)は、福祉・介護業界に特化した今までにはないタイプの求人サービスです。

 

タイムライン機能を設けて、企業やシゴトのリアルタイムな情報を受け取ることができます。 インタビュー風の募集記事になっていて、どんな人が働いていてどんな雰囲気なのかがわかりやすくなっていて、就職前と後でのギャップが少なくなります。

 

WellCrew(ウェルクルー)経由で採用された方には「採用お祝い金」がもらえたり、Cupid(キューピッド)機能で周りの友人や同僚の推薦情報を提供すると、求職者の採用決定時にWellCrewより謝礼を受け取れるユーザーにもうれしい特典が用意されているのもおすすめしたいポイントです。

WellCrew(ウェルクルー)について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。


このページのトップへ